山口第一交通グループは山口県山口市、下関市、宇部市、小野田市を拠点とし、タクシーだけではなく、観光タクシー、介護タクシー・バスなど多彩なサービスをご提供しております。

新着情報

山口新聞さんに掲載されました!~山口第一交通グループ「2021採用計画」の開始~

2021.05.19

この度、山口第一交通グループでスタートいたしました採用計画について、

5月16日付の山口新聞にて掲載されました!

(5月16日 山口新聞)

 

新型コロナウイルスで大変な今だからこそ、私たちに何ができるのか、これからどうすべきなのかを考え

今回の「2021採用計画」を発表いたしました。

 

山口第一交通グループ「2021採用計画」の詳細は、下記の通りです。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

山口第一交通グループ(本社:山口第一株式会社 代表取締役:坂田 敬次郎)は、今後、配車アプリといったAIIOTなどのデジタル技術を活用した新しいタクシーサービスの拡充など、事業の成長戦略の一環として、タクシー乗務員【100人】の採用を目標に取り込む2021年度採用計画をスタートさせます。

<HP> https://y-daiichi.co.jp/

 

現在、接客・サービス業界を中心に、新型コロナウイルスの影響による雇止め、新卒採用の縮小といったニュースが飛び交っております。山口第一交通グループでは、コロナ禍後の社会動向に対応すべく

移動で人々を幸せにするという企業理念のもと地元企業、地域の方々に貢献できる様、この度

2021採用計画をスタートする運びとなりましたので、次の通りお知らせ致します。

               

【主旨】

タクシー乗務員を中心に100名の採用

地域の雇用創出に貢献

 

【方策】

・大学新卒、高卒新卒採用の拡大

・会社説明会の実施エリアの拡大

・二種免許習得者の会社支援

・安定した雇用の場として地域に貢献

・タクシー乗務員の98%が未経験者

・研修教育内容の充実

 

<詳細・申込>

https://y-daiichi.co.jp/recruitment/careerplan/

 

 

地域の雇用の確保に関しましては、山口第一交通グループでは、以前より重要な課題として向き合って参りました。人々の移動が地域経済への貢献に大きな影響を与えているということを、コロナ禍になりより身をもって体験しております。

社会の移動インフラとして重要性を増してるタクシーの牽引する役目として、本格的に雇用の確保を進めて参ります。

 

(プレスリリースより抜粋)

お問い合わせ方法